忘却の部屋 レミューリア

現代遊戯王で役に立たない事ばかりを書き並べたブログです。

2017年5月、水フルモンがアツい

遊戯王やってない人間が新カードをざっくり読んだ時に考えてたことなんで話半分に聞いてね!

 

f:id:lemuria248:20170523063130j:image

 

リンク召喚
今でも遊戯王をやっている方ならもうお馴染みと言えるレベルには浸透したであろうリンク召喚。水フルモンであれば《フィッシュボーグ-プランター》や《黄泉ガエル》などなど低コストで呼び出せる軽いモンスターが多く、それらを素材とした新たな戦力として採用することができます。

 f:id:lemuria248:20170523070932j:image

更に、トークンも素材にできるという点から、墓地に水属性があればあるほど多くのトークンを生み出せる《レクンガ》にも注目です。プランターの連続使用などで墓地に水属性のリソースが貯まったらたくさんリンクを繋げまくれるのではないでしょうか?

 

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》

f:id:lemuria248:20170523070945j:image
そして、そんなリンクモンスターの中でも強力そうなのがこのカード。水フルモンであればほぼ確実に入る貴重な防御カードである《ドラゴン・アイス》とは非常に相性が良く、相手の特殊召喚を牽制することが出来ます。なんか決まるとカッコよさそうじゃありません?

 

《白闘気海豚》・《白闘気白鯨》

f:id:lemuria248:20170523063603j:image f:id:lemuria248:20170523063607j:image
こちらは水属性シンクロの新たな戦力。弱体化や破壊効果など普通に使っても強いだけでなく、相手によって破壊されればチューナー化して蘇生するという粘り強さも持ち合わせています。蘇生のためのコストは水フルモンであればあってないようなものでしょうし、イルカのレベル的にはプランターと合わせて強いのを出しやすいのは嬉しいです。

 

《No.29 マネキンキャット》

f:id:lemuria248:20170523063704j:image
ランク2エクシーズの新たな選択肢(?)となる1枚。
現代遊戯王ではほぼどのデッキにも必須に近くなったであろう壊獣の1体、《海亀壊獣ガメシエル》を送りつけることで好きな水属性モンスターを持ってきて返すことができます。

そのためだけにマネキンキャットを入れるのかと言われると微妙そうですが、決まるとなんだかんだカッコよさそう!

 

《水精鱗-ネレイアビス》

f:id:lemuria248:20170523063901j:image
簡単に言えば手札消費が激しい水版《オネスト》。墓地に行ってほしい《海皇龍 ポセイドラ》なんかを引いてしまった時に墓地に送りつつ高打点に変換できるのは頼もしそうです。腐ったらリンク素材にしてドローしてしまえばいいんじゃないでしょうか。

 

また、ここ最近判明しただけでアツいというわけでもなく、将来的な発展の可能性も一応は感じられます。

 

水属性版《ミセス・レディエント》

f:id:lemuria248:20170523064040j:image
リメイク元が《ミリス・レディエント》という属性強化モンスターなことから、他の属性のバージョンも出るということは容易に予想できます。つまりはリンク版《スター・ボーイ》です。

f:id:lemuria248:20170523064120j:image

ミセスが現時点でも強い(ってのは聞いたことある)ことから、新スターボーイもきっと強いことでしょう。まぁミセスの強さの8割近くは十二獣ありきのものではありそうですが(適当)

 

《白闘気双頭神龍

f:id:lemuria248:20170523064303j:image
先ほど紹介したホワイトオーラシリーズの更なる進化形態。いつになるかは分かりませんが、このカードのOCG化もほぼ確定したようなものでしょう。プランターとクジラでシンクロしてやりたいですね!

 

《瀑征竜-タイダル》

f:id:lemuria248:20170523064536j:image

最近のインフレも凄まじそうですし1枚ぐらいはそろそろ戻ってくるんじゃないですかね?(適当)

 

《フィッシュボーグ-ガンナー》

f:id:lemuria248:20170523064545j:image
そろそろエラッタでもして戻ってくるんじゃないですかね?(適当)

 

 

ペンデュラムの恩恵は残念ながら受けられませんでしたが、シンクロ・エクシーズに加えてリンク戦術も加わり将来性もある水フルモン、皆様もストレージにある《フィッシュボーグ-プランター》を引っ張り出して今一度構築を考えてみるのも面白いのではないでしょうか?

なお、この記事は「なんか新カードで水フルモンアツくね?」と思って書いただけの記事ですので、レシピも考察も何もありません。構築を練るのは、君自身だ!