読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘却の部屋 レミューリア

現代遊戯王で役に立たない事ばかりを書き並べたブログです。

リンク召喚ルールについての疑問や雑感

新マスタールールに取り入れられる目玉要素、リンク召喚

現段階では公式発表もないフラゲの現段階なのですが、あまりの衝撃にあちこちで話題になっている状況です。そんなリンク召喚を見て気になったことをいくつか書き留めておきます。

 

f:id:lemuria248:20170219024424j:plain

 

 

 

リンク召喚とは?

何の説明もないまま書き始めるのもアレなので、簡単に書いておきます。

 

まず既存ルールの変更点は、

 

エクストラデッキの呼称が「EXデッキ」に、今まで使っていたモンスターカードゾーンの呼称が「メインモンスターカードゾーン」に

・6枠目のモンスターカードゾーンとして「EXモンスターカードゾーン」が追加

・EXデッキに入れられたモンスターは、メインモンスターカードゾーンには出せなくなり、6枠目のEXモンスターカードゾーンにしか出せなくなる(詳細は不明)

  →単純な話、EXモンスターを複数体展開できなくなった。(下方修正)

・ペンデュラムゾーンが左右両端の魔法罠ゾーンと一体化

  →どちらかのゾーンが埋まっていたらペンデュラムカードを置くことができなくなり、ペンデュラムカードが置いてあったら魔法罠カードを置けなくなる(下方修正)

 

リンク召喚絡みだと、

 

・リンクモンスターは融合シンクロエクシーズと同様にエクストラデッキに入る

・リンク召喚は、効果テキストに指定された素材条件(ex. 効果モンスター2体以上)とリンク数の枚数分のモンスター(ex. LINK-3であればモンスター3体)を同時に満たす素材をフィールドから墓地に送って行う

・リンク召喚の素材にリンクモンスターを使う場合、そのリンク数分のコストとして扱える(ex. LINK-2のモンスター1体を素材にLINK-3のモンスターをリンク召喚したい場合、コストが2軽減されて必要なモンスター数が1体分減る

・リンクモンスターはカードイラストの縁の8方向に「リンクマーカー」を持っており、リンク先を使い様々なことを行える

・本来EXモンスターカードゾーンにしか出せないEXモンスターは、リンクマーカーで指定されたメインモンスターカードゾーンにも出せるようになる

  →従来通りEXモンスターを複数並べたければリンク召喚が必須となる

・リンクモンスターには守備表示になるという概念が存在しない そのため《月の書》《皆既日食の書》《闇の護封剣》が効かない

 

……と文章で読んでもさっぱり理解できないと思うので、ほかのサイトに行って調べるなりしてみてください(他力本願)

 

疑問点

情報ソースがVJフラゲ記事のみという非常に曖昧なものなので疑問点が出てくるのは仕方ないと思いますが、色々思いついた点を挙げてみます。

 

1. メインモンスターカードゾーンにEXデッキからペンデュラムモンスターをペンデュラム召喚できるか?

VJ記事だと「EXデッキに入るのは融合・シンクロ・エクシーズ・リンクの4種類!」「EXデッキに入れられたモンスターは、メインモンスターカードゾーンには出せない!」といったニュアンスで書かれており、最初からEXデッキに入っているわけではないペンデュラムモンスターの扱いが不明です。仮にこの場合にも展開制限が掛かるのであれば、ペンデュラム召喚が一気に使い物にならなくなりそうですが果たして。

 

2. メインモンスターカードゾーンに非正規の方法でEXモンスターを呼べるか?

《デビル・フランケン》《アルティマヤ・ツィオルキン》《バハムート・シャーク》等の効果でメインモンスターカードゾーンに置けるか、ということです。デビフラはともかく、これが出来るか出来ないかによって使い物にならなくなるカードが現れそうです。

「EXデッキに入れられたモンスターは、メインモンスターカードゾーンには出せない!」という書き方であれば、どんな方法であってもメインゾーンには出せないとも解釈できそうです。

 

3. EXゾーンに対して、既存の「モンスターカードゾーン」に関する効果を使えるか?

地盤沈下》《おジャマ・キング》などで封じ込められるか、ということです。仮にEXモンスターカードゾーンを封じられたらEXデッキから何も出せなくなってバランス崩壊しそうなので、恐らくはテキスト変更でメインモンスターカードゾーン限定効果になりそうですが……。

ただカードの位置をここまで明確にしようとしていることから、《ポジションチェンジ》《爆導策》等のカード位置参照効果は普通に使えそうです。ポジションチェンジ使ってリンク先を空けてまでEXから展開したいのか?とも思うのでまともそうなのは爆導策ぐらいのように見えます(適当)

 

4. EXゾーンのモンスターが「フィールドに戻る」時にはメインゾーンに移るのか?

《スターダスト・ドラゴン》《ドリル・ウォリアー》はEXゾーン以外から特殊召喚されるのでメインゾーンに移るのは分かるのですが、《PSYフレームロード・Ω》なんかの戻す場合はどうなるのでしょうか?

 

5. リンク召喚の素材にトークンを使えるのか?

見た感じではフィールドのモンスターを墓地に送って出すという点でシンクロ召喚と同じく使えるように見えるのですが、どうなるのでしょう?

仮にトークンが使えたとすると、《スケープ・ゴート》の羊トークン4個から《リンク・スパイダー》や《ミセス・レディエント》経由で一気にLINK-4まで行けちゃうんですが高リンク数を出すであろう将来的にも大丈夫なんですかね?

 

6. リンク召喚の素材にペンデュラムモンスターを使えるのか?

こちらもシンクロ素材と同じ扱いならば心配する必要はなさそうなのですが、あまりのペンデュラム冷遇っぷりからして絶対に使えるだろうと言いきれないのが恐ろしいところ。

 

7. EXゾーンに既に置いてあるカードを、リリースしたり融合シンクロエクシーズリンク素材に使うことはできるか?

壊獣だったり十二獣だったりライトニングだったりに関わってくることです。そもそも今までのメインゾーンとも違うので、EXゾーンに配置できない壊獣なんかは出せない!だと、強いリンクモンスターが出た場合どうしようもなくなりそうですし、制圧型の既存のモンスターの突破もつらくなりそうです。

 

ぱっと思いつく疑問点はこんなところでしょうか?正直前例がなさすぎたりバランスがおかしくなったりしそうだったりで、今までの裁定の例が全くあてにならないのが怖いところです。

 

雑感

まずとにかく一番大きい変更点は、「EXデッキからモンスターを複数体呼べなくなった」という点でしょうか。既存デッキ・テーマの戦術を完全に殺してしまうというのは最近の遊戯王ではそうそうないような気がします。強いて言えば《歯車街》の張り替えで効果を使えなくなったという例が近いでしょうけど、アレは裏ルール的な扱いだったので納得できる人は多かったのではないかな、と思います。その点を除けばアークファイブ期の馬鹿みたいなインフレでも身内で遊ぶ分には決して使えなくなったデッキは決して無かったでしょうし、今回のようなルールから既存テーマを否定するというのは遊戯王好きが散々嫌っていたスタン落ちと何ら変わらないと思います。非公式ルール(過去ルール)でしか使えなくなることを考えるとスタン落ちより酷いんですかね?そこら辺の定義はいまいちよくわかっていないんですが。

 

尚更遊戯王は長年続いてきたカードゲームですし、キャラデッキ愛が強い人が居るのも分かっているはずでしょう。そうでなければ《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》なんか作らないでしょうし、イベントとしてキャラデッキ交流会なんか開かないでしょうしね。大事な顧客であるキャラ勢の意思を尊重せずにリンク召喚を強要することが果たしていいことなのでしょうか?少なくとも、この点に関しては悪手としか思えません。

 

ペンデュラム召喚の下方修正に関しても「バランスを見誤ってました ごめんなさい」と言っているのと同じですし、本当に情けないです。ちょくちょく「遊戯王はそこらのクソソシャゲと変わりがなくなってきてる」という意見を目にすることもありますが、今回の露骨な下方修正からもその点がひしひしと感じられました。まぁペンデュラムのシステムに問題がなかったと言われれば噓になるわけなんですがね……。

 

また、今回のフラゲ情報でカードショップの遊戯王買取中止騒動が話題になってしまいました。

togetter.com

どうしてもネタバレを防ぎたかったがためにカードショップにも情報を封鎖していたのかもしれませんが、だとしたら紙媒体であるがために不完全な情報しか載せられないVJに最初の情報を載せるのは絶対に間違いでしょう。スタ速フラゲによってカードショップが動くことなんか前からありましたしね。尚更ここまで既存カードの価値が大きく変わるようなルール変更を、カードショップに先に公開しないのはまずいと判断できなかったのでしょうか?何を考えているのかさっぱり分かりません。

 

しかし、実際どうなるかはさておき、EXモンスターの展開の低速化とペンデュラム召喚の下方修正は確実にデフレに繋がりますし、昔ながらの遊戯王や他のカードゲームを好む人、あるいはリンク召喚から始めようとしている人にはなかなかウケのよさそうなルールに仕上がっているような気がします。原点回帰を狙ったデュエルリンクスとリンク召喚でどこか繋がりを感じさせますし、ストラクのロゴが初代遊戯王仕様だったりと、もしかしたらこのような復帰層を狙う意味合いがあるのかもしれませんね。

 

リンク召喚のルールは実際やってみれば悪くなさそうに見える反面スタン落ち(のようなシステム)を設けて多くの人を混乱させてしまった点は、やはり公式の立場からきちんと発表するなり情報公開の方法を見直すなりでなんとかすべきじゃないかなぁと思います。

まぁリンク召喚が悪くなさそうとは言ってますけど、シンクロ召喚を実装して1年経たずにダークダイブボンバーを出してみたり、エクシーズ召喚を実装して1年経たずにゼンマイハンデスやインゼクターを出してみたり、ペンデュラム召喚を実装して半月経たずにクリフォートを出しちゃうような企業が作るカードゲームです。リンク召喚もこうならないわけがないと断定していいのではないでしょうか。こうならなかったらみんな幸せですねってことで(適当)