読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘却の部屋 レミューリア

現代遊戯王で役に立たない事ばかりを書き並べたブログです。

【考察】花札衛 - 花札衛って何だろう?

コレクターズパックで初登場し、インベイジョン・オブ・ヴェノムで実はひっそりと超強化された花札をモチーフにしたテーマ。そんな花札衛の考察記事です。

Wiki先生曰く、

モチーフが花札というギャンブルである以上安定性の低さは避けがたく、ある時は大儲け、ある時は一文無しというギャンブル性も含めて楽しめる人でなければこのデッキを愛用する事はできないだろう。

とのこと。アニメのエンジョイ長次郎のようなデュエルスタイルが求められます。

 

f:id:lemuria248:20160822190337j:plain

 

 

 

テーマの特徴

闇属性・戦士族で統一

変な見た目ですがサポートが非常に豊富な属性と種族を持っています。

特に《増援》《闇の誘惑》に対応しているのは安定性のないこのデッキにとって非常にありがたい事です。

 

実際の花札のようなモンスター

その名の通り、モンスターやサポートカードは花札がモチーフとなっています。レベルはこの花札に合わせており、INOV時点で出ているモンスターの殆どは高レベルモンスターとなっています。また、カードイラストも秀逸なものが多いのでその点にも注目ですね。

また花札をモチーフにしているということで、

・通常召喚できて、花札衛が場にあると特殊召喚できる「カス札」

・通常召喚できず、場の花札衛をリリースして特殊召喚できる「タネ札」

・通常召喚できず、特定のレベルの花札衛をリリースして特殊召喚できる「光札」

の3種類に大きく分かれます。詳細は後ほど。

 

ドロー効果(デッキをめくる効果)が多い

モンスターの殆どはドロー効果を持っており、そのドローカードが花札衛であれば連鎖的な展開・除去を行えます。調子が良ければ相手の場を一掃しながら大量のシンクロ・エクシーズ・花札を並べられる、なんてことも……。

しかしドローしたカードが花札衛モンスターでない場合はそのまま墓地に送られてしまいます。「モンスターでない場合」なので花札衛サポート魔法カードも墓地に送られる対象です。ドローするというよりは森羅のようなデッキトップをめくるような動きと言ってもそう変わりません。

そんなわけでドローの失敗を減らすためには、デッキに花札衛モンスターを多く積む必要があります。しかしサポートカードも無いと事故が起きてしまう……。デッキ構築のバランスと引き運が大きく求められるテーマとなっています。

 

各種カード解説

f:id:lemuria248:20160822190831p:plain

松以外の花札衛の「カス札」には、以下のような共通要素があります。

攻 100/守 100

(1):自分フィールドに(自身のレベル-1)以下の「花札衛」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「花札衛」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

カス札は通常召喚が可能(召喚制限を無視しない特殊召喚も可能)であり、自身にも特殊召喚効果を備えた、花札衛の基盤となるカードです。ですが戦闘面では何の役にも立たないので、早めにシンクロや光札に変換したいところです。

特殊召喚効果を持っているものの、この特殊召喚の後は花札衛しか繰り出せないので何か混ぜ物をしようと考えている人は注意です。

 

f:id:lemuria248:20160822190849p:plain

そして「光札」には、以下のような共通効果があります。

攻 2000/守 2000

このカードは通常召喚できない。
(同名カード)以外の自分フィールドの(自身と同じレベル)の
花札衛」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「花札衛」モンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚できる。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。

 特定のレベルのリリースを要求されますが、花札衛の連鎖的な展開を担うカードです。デッキトップに花札衛が固まっていれば連鎖的にポンポンと繰り出す事ができます。しかし特殊召喚できるのは通常召喚可能なカス札4種類のみであり、通常召喚できないタネ札3種類・光札4種類はただ手札に加わるだけになります。ですがこの特殊召喚花札衛の展開制限が掛かるわけではないので、他のシンクロ・エクシーズの邪魔をしない点は強力です。

またステータスは比較的高く、数を並べればそのままライフを削りに行ける数値であります。

 

 

まずこれらの、通常召喚できて、(一部を除いて)花札衛が場にあると特殊召喚できる「カス札」、そしてそのカス札に対応する通常召喚できず、特定のレベルの花札衛をリリースして特殊召喚できる「光札」の紹介です。

f:id:lemuria248:20160822190916j:plain

花札衛-松-》

効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻 100/守 100
花札衛-松-」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「花札衛」モンスター以外だった場合、そのカードを墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 重要度:★★★★★

花札衛のスタートラインとなるカード。何故スタートラインかと言いますと、場に出すために他の花札衛を必要とする花札衛というテーマにおいて、このモンスターは唯一リリース無しで通常召喚できるカードであるからです。サポート魔法を考えない場合、このカードが無いと他の花札衛が全て腐ってしまいますので何もできないまま負け一直線です。なので、如何にしてこのカードを持ってこれるかが大事になってきます。

被破壊時ドローは持っていますが、あくまでおまけ程度に。

 

f:id:lemuria248:20160822191004j:plain

花札衛-松に鶴-》

特殊召喚・効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻2000/守2000
このカードは通常召喚できない。
「松に鶴」以外の自分のレベル1「花札衛」1体をリリースした場合に特殊召喚

(1):特殊召喚した場合、自分はデッキから1枚ドローして

それが「花札衛」だったら特殊召喚。 違ったら墓地へ送る。(光札共通効果)

(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 重要度:★★★★★

松に対応する光札。

後半の効果も自身の高めの打点とあいまって使いやすいものとなっています。松とともに《増援》対応でもあるので、花札衛の貴重な戦力です。

 

f:id:lemuria248:20160822191123j:plain

花札衛-芒-》

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻 100/守 100
(1):レベル7以下の「花札衛」が居れば手札から特殊召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「花札衛」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札の「花札衛」モンスターを任意の数だけ相手に見せ、
デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。

重要度:★★★★☆

カス札ですがいきなりレベルが跳ね上がりました。松以外のカス札はリリース2体を要求されるので、実際は松以外のカス札は通常召喚もできないと考えていいでしょう。

こちらは花札衛専用の《リロード》効果を持っています。手札で腐った花札衛を良質なものに変換してくれる可能性があるので、いざという時にはありがたいです。

 

f:id:lemuria248:20160822191210j:plain

花札衛-芒に月-》

特殊召喚・効果モンスター

星8/闇属性/戦士族/攻2000/守2000

このカードは通常召喚できない。

「芒に月」以外の自分のレベル8「花札衛」1体をリリースした場合に特殊召喚(1):特殊召喚した場合、自分はデッキから1枚ドローしてそれが「花札衛」だったら特殊召喚。 違ったら墓地へ送る。

(2):1ターンに1度、このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。

自分はデッキから1枚ドローする。

重要度:★★☆☆☆

芒対応の光札。 劣化版の松に鶴でしかありませんので花札衛のかさ増しを目的に入れておくことになります。

 

f:id:lemuria248:20160822191442j:plain

花札衛-柳-》

効果モンスター
星11/闇属性/戦士族/攻 100/守 100
(1):自分フィールドにレベル10以下の「花札衛」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「花札衛」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分の墓地の「花札衛」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

重要度:★★★★☆

更にレベルが跳ね上がってレベル11となったカス札です。

場に出せるのであれば大抵の場合ドロー効果は使えると思います。基本的に花札衛が墓地に貯まってもそんなに嬉しくないので効果を使えるのであればガンガン使っていきましょう。

 

f:id:lemuria248:20160822192804j:plain

花札衛-柳に小野道風-》

特殊召喚チューナー・効果モンスター
星11/闇属性/戦士族/攻2000/守2000

このカードは通常召喚できない。
「柳に小野道風」以外の自分のレベル11「花札衛」1体をリリースした場合に特殊召喚

(1):特殊召喚した場合、自分はデッキから1枚ドローして

それが「花札衛」だったら特殊召喚。 違ったら墓地へ送る。

(2):フィールドのこのカードをS素材とする場合、
このカードを含む全てのS素材モンスターをレベル2モンスターとして扱う事ができる。

重要度:★★★★★

以前も使ったチューナー光札。レベルがバラバラな各種花札衛を取りまとめて《花札衛》シンクロモンスターを呼び出す重要なカードです。

(2)の効果で偶数レベルシンクロに繋げる事ができますが、これを使わずレベル11チューナーとして使う事も勿論可能です。

 

f:id:lemuria248:20160822193146j:plain

花札衛-桐-》

効果モンスター
星12/闇属性/戦士族/攻 100/守 100
(1):自分フィールドにレベル11以下の「花札衛」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「花札衛」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(2):このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にし、バトルフェイズを終了する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

重要度:★★★★☆

どの花札衛でも召喚条件を満たせるので比較的出しやすいです。

(2)の効果は非常に強力で、このカードがあれば相手は実質直接攻撃不可能、戦闘では破壊されないものと同義となります。強制攻撃を組み合わせてドローを狙うのは花札衛の枠的に難しいですが、場持ちは良いのでランク12エクシーズは実はかなり容易に繰り出せます。

 

f:id:lemuria248:20160822193241j:plain

花札衛-桐に鳳凰-》

特殊召喚・効果モンスター
星12/闇属性/戦士族/攻2000/守2000

このカードは通常召喚できない。
「桐に鳳凰」以外の自分のレベル12「花札衛」1体をリリースした場合に特殊召喚

(1):特殊召喚した場合、自分はデッキから1枚ドローして

それが「花札衛」だったら特殊召喚。 違ったら墓地へ送る。

(2):1ターンに1度、このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

重要度:★★☆☆☆

 桐対応の光札。

《レベル・スティーラー》によるレベル操作が行える場合、他の光札はやや繰り出しやすくなるもののこちらは完全に桐専用です。桐の場持ちは良いので出しやすいのは嬉しいです。

 

f:id:lemuria248:20160822193316p:plain

続いてインベイジョン・オブ・ヴェノムにて追加された、 通常召喚できず、場の花札衛をリリースして特殊召喚できる「タネ札」の紹介です。共通部分はこちら。

攻 1000/守 1000

このカードは通常召喚できない。
(同名カード)以外の自分フィールドの
花札衛」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「花札衛」モンスターだった場合、(固有効果)。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。

光札からリリース対象のレベル指定と特殊召喚効果を取っ払ったような効果です。光札と比べて場に繰り出しやすいのが強みですが、結局花札衛は必要になってきます。

この固有効果に対象を取らない除去効果を持つものもおり、決まれば相手の場をガンガン荒らし回れます。ですが光札とは違い、場のモンスターが増えない点に気をつけなければなりません。

 

f:id:lemuria248:20160822193342j:plain

花札衛ー牡丹に蝶ー》

特殊召喚チューナー・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードは通常召喚できない。
花札衛-牡丹に蝶-」以外の自分フィールドの
花札衛」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「花札衛」モンスターだった場合、相手のデッキの上からカードを3枚確認し、
好きな順番でデッキの上か下に戻す。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。
(2):フィールドのこのカードをS素材とする場合、
このカードを含む全てのS素材モンスターをレベル2モンスターとして扱う事ができる。

重要度:★★★★★

レベル2化を持つチューナーは柳に小野道風と同じですが、柳に小野道風と比べても出しやすさが段違いです。シンクロ召喚を行いやすくなれば当然強くなりますので、是非とも3積みしたいところです。相手のデッキトップをめくる効果が役に立つことはそんなに無いと思います。

レベル6チューナーというのもかなり強力であり、松と合わせてレベル7シンクロ、後述する《超こいこい》と合わせて強力なレベル8シンクロを繰り出せたりもします。

 

f:id:lemuria248:20160822193411j:plain

花札衛ー萩に猪ー》

特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードは通常召喚できない。
花札衛-萩に猪-」以外の自分フィールドの
花札衛」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「花札衛」モンスターだった場合、
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。

重要度:★★★★☆

花札衛では貴重なモンスター除去。地味に対象を取らない除去効果なので、《神樹の守護獣ー牙王ー》なども簡単に除去できてしまいます。

 

f:id:lemuria248:20160822193845j:plain

花札衛ー紅葉に鹿ー》

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードは通常召喚できない。
花札衛-紅葉に鹿-」以外の自分フィールドの
花札衛」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「花札衛」モンスターだった場合、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。

重要度:★★★☆☆

こっちは魔法・罠を除去する方。先ほどと同じく対象に取りませんが、魔法・罠で対象に取られない状況はそんなに多くないのでおまけ程度に。萩に猪よりは優先度が低めです。

 

以上が花札衛モンスター全11種類です。……覚えられましたか?無理ですよね。

こちらにカス札・光札・種札それぞれをまとめたリストを作りました。これで復習してみましょう。

 

f:id:lemuria248:20160822193908p:plain

 

続いて、花札衛の花形、シンクロモンスターの紹介です。

f:id:lemuria248:20160822193928j:plain

花札衛ー雨四光ー》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻3000/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター3体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「花札衛」モンスターは効果では破壊されず、
相手の効果の対象にならない。
(2):相手のドローフェイズに相手が通常のドローをした場合に発動する。
相手に1500ダメージを与える。
(3):相手エンドフェイズに以下の効果から1つを選択して発動する。
●次の自分ターンのドローフェイズをスキップする。
●このカードの効果を次の相手スタンバイフェイズまで無効にする。

重要度:★★★★★

花札衛全てにマジェスペクター耐性を付与したり、ほぼ確実に高火力のバーンを叩き込めるという切り札らしい切り札。 しかしその代償として、この2つの効果を維持するためには自分のドローフェイズをスキップする必要があります。シンクロ召喚するには素材を4体使う必要があり、かなり重いカードです。

調子よく回っている場合には1度ぐらいドローフェイズをスキップしようとも問題なくぶん回せますが、現実はやはりそう都合よくはいきません。ですが出せれば相手にプレッシャーを掛けられはすると思うので、頃合いを見て出していきましょう。

めったにやることではありませんが、このカードはレベル8の花札衛モンスターなので《花札衛ー芒に月ー》のコストにもなります。

 

f:id:lemuria248:20160822194424j:plain

花札衛ー猪鹿蝶ー》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2000/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター2体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の「花札衛」モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、自分の墓地の「花札衛」モンスター1体を除外して発動できる。
次の相手ターン終了時まで、相手は墓地のカードの効果を発動できず、
墓地からモンスターを特殊召喚できない。

重要度:★★★☆☆

貫通付与と強力な墓地メタ。雨四光よりも素材が軽く、かなり出しやすいカードです。

墓地メタはかなり拘束力が高く、彼岸やライトロード、シャドール等ぶっささるテーマ・デッキはかなり多いでしょう。しかしこのカード自体は打点が低い上に耐性も無く、花札衛というデッキ自体も猪鹿蝶を守るカードを積む余裕もないのであまり過信しすぎないようにすべきです。耐性付与の雨四光と一緒に並べるとデッキによっては非常に厄介な布陣となるでしょう。

 

そして、サポートカードの紹介です。

f:id:lemuria248:20160822194630j:plain

《花合わせ》

通常魔法
「花合わせ」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は「花札衛」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(1):デッキから攻撃力100の「花札衛」モンスター4体を
攻撃表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
アドバンス召喚のためにはリリースできない。

重要度:★★★☆☆

なんとノーコストでデッキから花札衛4体をリクルートできるという、《ヒーローアライブ》もビックリなカード!……ではあるのですが、出せるのは松・芒・柳・桐のカス札4種類だけと決まっており、これだけでは何もできずに雑魚モンスターを並べるだけになってしまいます。

花札衛4体を並べられたら、種札や光札を駆使してデッキをめくっていき、柳に小野道風・牡丹に蝶といったチューナーと組み合わせて花札シンクロモンスターを繰り出すのを目標とします。松以外の初動を支えるカードとして採用していきましょう。

しかしこのカード……と言いますかこれ以降のサポートカードもそうなのですが、カード名に花札衛が入っていないので花札衛で引いてしまったらそのまま墓地に送られてしまいます。このカードの場合は墓地で発動する効果も無いので、必ずしも3積みしなければならないというわけでもありません。

 

f:id:lemuria248:20160822194721j:plain

《超こいこい》

通常魔法
「超こいこい」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
その中の花札衛」モンスターを可能な限り、召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になり、効果は無効化される。
残りのカードは裏側表示で除外し、自分は除外したカードの数×1000LPを失う。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
手札から「花札衛」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

重要度:★★★★★

デッキトップ3枚の中の花札衛を呼び出せるカード。召喚条件を無視するので、種札だろうが光札だろうが問題なく呼び出すことができます。しかもその後の展開制限も掛かっていません。

効果が無効化される代わりに全てがレベル2へと変わるので、ランク2エクシーズや《花札衛ー猪鹿蝶ー》のシンクロ召喚を行いやすくなります。また、手札の牡丹に蝶を出せばレベル8シンクロも可能になります。ただしこのカード以外でチューナーを用意できない場合、本来チューナーがレベル2化効果が無効化されてしまうため雨四光を呼び出しにくくなります。

墓地発動効果は手札で腐った光札を呼び出して連鎖を開始させたり、展開制限を掛けずにカス札を出すのに使えます。普通に3枚めくった後だったり、花札衛モンスター効果でめくって墓地に送られてもそのまま除外して発動できるので、花札衛の主軸となるカードです。

 

f:id:lemuria248:20160822195151j:plain

《花積み》

通常魔法
「花積み」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「花札衛」モンスター3種類を選び、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「花札衛」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

重要度:★★★★★

デッキトップに好きな花札衛3種を固定するカード。《超こいこい》を確実に成功させたり、光札の連鎖に使ったり、種札による連続除去に使ったりと、どの場面で引いても嬉しいカードです。サルベージももちろん便利ですので、花札衛モンスターで引いてしまってもそこまで悔しくないのも強みです。

 

f:id:lemuria248:20160822195244j:plain

《イカサマ御法度》

永続罠
(1):1ターンに1度、相手が手札からモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
手札から特殊召喚された相手フィールドのモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
(2):フィールドに「花札衛」Sモンスターが存在しない場合にこのカードは墓地へ送られる。

重要度:★☆☆☆☆

 一応花札衛関連カードではありますが、大して効き目のないメタ効果・貧弱すぎる自壊効果・墓地発動効果も無い・花札衛自体の動きを助けるわけではない……といた点から、徳松さんに徹底的になりきる以外であえてこのカードを採用する理由はありません。入れるにしても《虚無空間》でいいんじゃないんでしょうか(適当)

 

まとめ

花札衛はデッキトップをめくりながら戦うテーマ!

・テーマの性質上、構築をいくら頑張っても安定しないのを承知の上で使おう!

花札衛モンスターは他の花札衛が居ないと場に出せない!松は一番大事!

花札衛らしさを最大限に活かすには、花札衛モンスターをなるべく多く積む!

 

これを念頭に置いてデッキを組んでいきましょう。近日公開の次回記事、「【考察】花札衛 その2 - 花札衛以外に使うカードは?」に続きます。

諸事情で次記事書くのは控えようと思います。カードWikiにも詳しくまとめてあるんでそちらにも目を通してみてください。