忘却の部屋 レミューリア

なにもないです

【考察】レッド・ライジング・ドラゴン

VJ応募者全員サービスにて登場したジャックモチーフのモンスターの紹介・考察記事です。

今までどうにもパッとしなかったジャックデッキ(リゾネーター・レッドシリーズ)の救世主となり得る、夢のようなカードです。

 

f:id:lemuria248:20160809113517j:plain

《レッド・ライジング・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守1600

悪魔族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

(1):このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地の「リゾネーター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果を発動するターン、
自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

特徴

リゾネーター蘇生からの連続シンクロ!

シンクロ召喚すると、墓地のリゾネーターを蘇生して高レベルシンクロに繋がります。ただし効果使用ターンは闇属性ドラゴン族シンクロモンスターしかエクストラデッキから呼び出せないので、やはりレッドデーモンシンクロをスムーズに呼び出すことになるでしょう。縛りが無ければ簡単に《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》が出てきてしまうので妥当なところです。

 

墓地に送られればレベル1チューナー2体を供給!
最近当たり前のようについている墓地除外効果はレベル1リゾネーター2体を蘇生するもの。墓地に送られてすぐには効果を使えませんが、墓地にレベル1リゾネーター2体を揃えるのもなかなか苦労すると思うのであまり弊害は無いでしょう。

レベル的な意味で《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》は呼び出しにくいですが、アークファイブ産の《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》は非常に呼び出しやすくなります。勿論シンクロ素材にせずともランク1エクシーズを組んでもいいですし、手間に見合った効果と言えるでしょう。

 

ちなみに対応してるのはこの4枚。

f:id:lemuria248:20160809114351j:plain

《チェーン・リゾネーター》:すぐに2枚揃う

 

f:id:lemuria248:20160809114416j:plain

《シンクローン・リゾネーター》:自身の特殊召喚効果が使いやすく、サルベージも強い

 

f:id:lemuria248:20160809114459j:plain

《ミラー・リゾネーター》:いざという時に役立つが除外されてしまうため相性はイマイチ。ランク1を併用するならアリかも?

 

f:id:lemuria248:20160809114527j:plain

《バリア・リゾネーター》:大抵の場合は他で事足りるでしょう。

 

また、リゾネーターモンスターは全て《コール・リゾネーター》というサーチカードに対応しています。そのためチューナー確保は比較的容易と言えるでしょう。

 


おすすめの動き

1. 基本編

 

《レッド・リゾネーター》+好きな☆4
赤リゾNS、☆4SS
赤リゾ☆4でレッドライジングSS
ライジング効果で赤リゾSS、赤リゾ効果でライフ回復
赤リゾライジングでレッドデーモンシンクロ

 

☆3リゾネーター+《奇術王ムーン・スター》など
場にこの2体を並べる
2体でレッドライジングSS、効果で☆3リゾネーターSS
☆3リゾライジングで《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》

 

最もシンプルなのはこの使い方です。特に前者はライフ回復も行えるだけでなく汎用性も非常に高いです。

後者は☆3リゾネーターが弱いのでやや行いにくいですが、手札消費2枚でレモンアビスが立てられるのは十分強力です。ここで例に挙げた《ダーク・リゾネーター》《奇術王 ムーン・スター》はどちらも彼岸サポートを受けられるステータスなので、何かに使えるのかもしれません。ムーンスター以外では《切り込み隊長》・《マジック・ストライカー》・《クレーンクレーン》・《SRタケトンボーグ》(クリエイトのみ対応)が使いやすいでしょうか。

 

2. おかわり編

 

基本編の発展で、リゾネーターと一緒にレベル3・4のモンスターを複数回並べられれば《レッド・ライジング・ドラゴン》の効果を連発できます。レベル3であれば動画のような《SRベイゴマックス》+《SRタケトンボーグ》であったり、レベル4であれば《輪廻天狗》《Emトリック・クラウン》《暗黒竜コラプサーペント》《輝白竜ワイバースター》等でしょうか。

もっとも連発してもあまり意味はないのですが、棒立ちのレッドライジングを《王者の調和》と合わせるとかすればよりジャックデッキらしさが出てくるのではないでしょうか(適当)

f:id:lemuria248:20160809115752j:plain

 

3. もっとおかわり編

 《ファラオの化身》や《流星方界器デューザ》+《方界合神》によって更に素材を確保してやれば、3体まとめて呼び出してしまうことも可能です。

また、リゾネーターを用いたS召喚の回数もかなり増えるので、《共鳴波》によって大量除去を狙うなんてこともできます。

 

4. ドリームコンボ編

3の展開で場に余ってしまうレッドライジングを《ワンダー・エクシーズ》で《永遠の淑女 ベアトリーチェ》にしてしまえば、相手ターン+自分ターンを経て墓地にレベル1リゾネーター2体と効果使用可能なレッドライジング2体を揃えておくことができます。落とすものを《チェーン・リゾネーター》《シンクローン・リゾネーター》にしてシンクローンでチェーンを回収してしまえば、チェーン効果も含めて実に6体ものチューナーを供給できてしまいます。

ここまで決まってしまえばダブルチューニングだろうがなんだろうがやりたい放題です。

 

その他の使い方

《レッド・リゾネーター》+《E・HERO プリズマー》(《バスター・ブレイダー》コピー)でライジング経由から《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》+《バスター・ブレイダー》の布陣が作れるので、【バスター・ブレイダー】でも使えるでしょう。

f:id:lemuria248:20160809122030j:plain

 

とはいっても闇属性ドラゴン族シンクロモンスターを主軸とするテーマはあまりなく、このカードで劇的に変わるようなテーマはそんなにありません。ですが汎用性が非常に高い赤リゾとの組み合わせで盤面をひっくり返せるレッドデーモンシンクロに繋げられるのはやはり強力ですので、赤リゾと☆4モンスターを入れるデッキであれば採用を考えてもいいでしょう。

普通のデッキなら1枚あればいいと思います。普通のデッキなら。

 

 

そんなわけで、ジャックデッキを大幅に強化した《レッド・ライジング・ドラゴン》の考察でした。S素材や展開に縛りがあるもののそれに見合った高性能モンスターであり、現時点ではバランスの取れた良カードであると思いました。

 

ところでレッドライジングのせいでこのカードの存在意義が……。

f:id:lemuria248:20160809123521j:plain