読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘却の部屋 レミューリア

現代遊戯王で役に立たない事ばかりを書き並べたブログです。

【妄想】2016年7月期リミットレギュレーション

遊戯王OCG考察

いつの間にか改訂のシーズンになってしまいました。果たして次の改訂はどうなる事やら……という事で妄想してみます。

f:id:lemuria248:20160531110215j:plain

《SRベイゴマックス》のとばっちりを受けそうな【スピードロイド】の運命やいかに。

禁止
《儀式魔人リリーサー》
《デビル・フランケン》
《マジェスペクター・ユニコーン
《ソウル・チャージ》
《虚無空間》

制限
《SRベイゴマックス》
《解放のアリアドネ
《PSYフレームロード・Ω》
《地獄門の契約書》
《神の通告》

準制限
《復活の福音》
《ドラゴン・目覚めの旋律》
《ツインツイスター》
 
規制するとしたらこんな感じか、あるいは変更なしという可能性も考えられると思います。
 
禁止
《儀式魔人リリーサー》

f:id:lemuria248:20160531110541j:plain

儀式モンスター自体のパワーがそれほどでも無かった昔なら兎も角、儀式モンスターもそのものも強くなった今でもこいつを野放しにしておくのは問題があると思うのです。
これから先新しく儀式モンスターを出すのにもノータッチは危険すぎます……って影霊衣時代の頃から言ってる気がしますので普通にスルーされそうです。
 
《デビル・フランケン》

f:id:lemuria248:20160531111034j:plain

主にメタルフォーゼで使われるようになり、《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》等を置いて制圧するモンスター。制圧力が高すぎますし、未だに無制限の意味が分かりません。今やこれの隣に色々な制圧モンスターを置けて簡単には返せない布陣も敷けますし。
 
《マジェスペクター・ユニコーン

f:id:lemuria248:20160531111333j:plain

こちらもメタルフォーゼで使われたカード。《マジェスペクター・ラクーン》とのセットで採用され、ペンデュラムデッキで手軽に使える制圧カードになっています。
そもそもこのカードの対処法が限られすぎている上に何度も何度も除去してくるので、これも一方的なデュエルの要因になっている気がします。これが禁止になるか、ラクーン共々制限になるかはしてほしいです。そもそもマジェスペクター内のスケールでこれをペンデュラムできませんし、マジェスペクターから見てもハナっから無くてもいいんじゃないんですか(適当)
 
《ソウル・チャージ》

f:id:lemuria248:20160531112101j:plain

結局いっぱい制圧カードを出したもの勝ちなのでもういい加減禁止にすべきなのではないでしょうか。
 
《虚無空間》

f:id:lemuria248:20160531112223j:plain

同上。正直この禁止が全部当たるとは思っていませんが、どれか当たってくれれば嬉しいです。明らかに相性の良いウラヌスの登場はこれの禁止フラグ……なわけはありませんね。
 


制限
《SRベイゴマックス》

f:id:lemuria248:20160424185958p:plain

これ1枚でランク1か3のエクシーズ召喚(ランク3の場合はタケトンボーグ経由で召喚権すら使わない)、あるいはレベル2〜7のシンクロ召喚に繋がります。【彼岸】で使われていただけでなく、ごく稀に【青眼】、メテバのシンクロのために【DD】なんかでも使われていた経歴があるとか何とか。
最近の環境ではなくちょっと前の環境に規制を掛けたがる傾向がある(ような感じがする)ので、規制は避けられなさそうに見えます。とは言っても収録パックのハイスピを最近再販しているっぽいのでノータッチか準制限っていう可能性もありそうです。
もし規制されたら【スピードロイド】使いは……まぁ強く生きてください。同じ風テーマの【ドラグニティ】もとばっちり規制で必死に頑張ってましたしなんとかなりますよきっと。
 
《解放のアリアドネ

f:id:lemuria248:20160531112919j:plain

カウンター罠サーチ版《Emヒグルミ》。主にメタルフォーゼで使われていました。
ヒグルミを刷った後にこれを出し、ヒグルミを速攻で禁止にぶち込んでおいてこれを野放しにする意味が分かりません。ヒグルミと違ってモンスターが増えないから良いとでも思っているのでしょうか。通告共々規制されてほしいです。

 

《PSYフレームロード・Ω》

f:id:lemuria248:20160531113434j:plain

除外リソースの補充・相手の手札ごと緊急脱出・墓地のカードをデッキに戻す、といったようにとにかく何でもできるシンクロモンスター。最近では【シンクロダーク】【ジャンクドッペル】あたりでこいつを複数体と《氷結界の龍 トリシューラ》を出しまくって先攻で相手の手札をガッツリ奪い取る戦略が横行してるとか。
本当に何でも出来すぎるので今回か次あたりには規制されるカードではないかと思います。特にゼンマイの頃といいリチュアの頃といいハンデス大嫌いな企業(というか遊戯王自体ハンデスが強すぎるゲームでもある)ですから、最悪禁止もあり得そうです。色んなデッキで便利なので、禁止になったら《ラヴァルバル・チェイン》のようにカジュアル界隈からも嘆く声も聞こえそうです。
 
《地獄門の契約書》

f:id:lemuria248:20160531113720j:plain

活躍していたタイミング的に【DD】もある程度規制の対象になりそうな感じはしたのですが、ツイッターを見る限りあまりそのような流れを見ない感じがしました。それはともかく、規制を入れるとしたらここか《DDスワラル・スライム》あたりなんでしょうか。ここら辺規制されたとしたら《強欲で貪欲な壺》を撃ちにくくなりますし痛手になりすぎてしまうんですかね。
 
《神の通告》

f:id:lemuria248:20160531113837j:plain

もうこれは本当に制限にしてください。規制前提で作られたカードにしか見えないです。
ただこれもハイスピと同様収録パックが再販されているので、わざわざそれらの目玉カードを再販直後のタイミングで規制するかというと怪しいんですよね……。

準制限
《復活の福音》

f:id:lemuria248:20160531113943j:plain

最上級ドラゴン版《死者蘇生》+ドラゴン族の破壊耐性付与カード。
いくら対象が限られているとはいえ、蘇生対象によっては制限カードの死者蘇生より強くなってしまうカードを無制限にしておくってのはちょっとどうなんだ、と思ってしまいます。
 
《ドラゴン・目覚めの旋律》

f:id:lemuria248:20160531114108j:plain

《青眼の亜白龍》の規制が無いとしたらここら辺が妥当なのではないでしょうか。亜白龍の規制も個人的にはあると思うのですが、仮に亜白龍を規制した日には前売り券をいっぱい買った人から相当苦情入りそうですし無いんでしょうね。
この予想では青眼の規制が甘いように見えるかと思いますが、海馬ストラクもデュエリストパックもありますし青眼をまだまだ使わせたいのではないでしょうか。
 
《ツインツイスター》

f:id:lemuria248:20160531114243j:plain

バックをいっぺんに引っぺがせる激強カード。
《命削りの宝札》《解放のアリアドネ》等でバックを厚くする戦術も増えた以上、もう制限以上にはしてほしくないなーというのが願望です。でも準制限ぐらいにはなってしまうのかな、といった感じ。
 

 
総括
一応予想というか願望を書きはしましたが、ぶっちゃけた話今回は変更無しの可能性も大いにあるかと思います。規制されそうなカードは何枚か挙げましたが、だいたい規制に値するか微妙なラインだったりBOSHやハイスピ再販のタイミングと被ってたりするせいで変更無しでもそこまで違和感はありません。
 
 
個人的な願望としましては、やはりリリーサーデビフラユニコーンあたりは禁止になってもらいたい感じはあります。公式の改訂理由の「デュエルの駆け引きの要素が激減するようなカード・コンボへの一定の規制」にまんま当てはまると思うんですよ。

f:id:lemuria248:20160531114814p:plain 

これです。まぁ今までの改訂でこの理由を考えていたかと言われると口を噤む他無いですが、果たして最近の遊戯王にちゃんとした駆け引きはあるんですかね……?
 
また直接的な関係はありませんが、《強欲で貪欲な壺》が最近の入賞デッキで頻繁に使われているのはひとえに「制限カードよりも、3積みできる新しいカードの方が強い」のが原因であると思っているので、強貪を出したからには強いカードが使えなくなるかもしれないというリスクを大きくするために、制限カードを今まで以上にしっかり定めていく必要があると思います。尚更強貪そのものの規制はまだまだ先でしょうし、この中途半端なタイミングだからこそしっかり改訂を行ってほしいと思っています。ノータッチはやめてほしいですね。