読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘却の部屋 レミューリア

現代遊戯王で役に立たない事ばかりを書き並べたブログです。

【雑感】2016年4月期リミットレギュレーション

遊戯王OCG考察

今回のフラゲは色々な意味で注目が集まるものでしたが果たしてどうなったのでしょうか。

 

f:id:lemuria248:20160424191938p:plain

 

禁止

《EMモンキーボード》(前回無制限

《ラヴァルバル・チェイン》(前回無制限

《ライフチェンジャー》(前回無制限

 

制限

《クリッター》(前回禁止・ターン1とカードの発動制限付きでエラッタ

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》(前回禁止・エラッタなし)

《魔界発現世行きデスガイド》(前回無制限

《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》(前回無制限

《彼岸の旅人 ダンテ》(前回無制限

《EMドクロバット・ジョーカー》前回無制限

《EMペンデュラム・マジシャン》(前回無制限

《竜剣士ラスターP》(前回無制限

《竜呼相打つ》(前回無制限

《爆竜剣士イグニスターP》(前回無制限

《揺れる眼差し》(前回無制限

《真帝王領域》(前回無制限

《汎神の帝王》(前回無制限

《モンスターゲート》(前回無制限

《名推理》(前回無制限

《マスク・チェンジ・セカンド》(前回無制限

《緊急テレポート》(前回無制限

《ペンデュラム・コール》(前回無制限

 

準制限

《超再生能力》(前回制限)

 

制限解除

《グローアップ・バルブ》(前回制限)

《D-HERO ディアボリック・ガイ》(前回準制限)

《水精鱗-ディニクアビス》(前回準制限)

《クリバンデット》(前回準制限)

《精神操作》(前回準制限)

《月の書》(前回準制限)

《竜の霊廟》(前回準制限)

《闇の誘惑》(前回準制限)

《封印の黄金櫃》(前回準制限)

《死のデッキ破壊ウイルス》(前回準制限)

 

……前回無制限が多すぎるんですけど、ユーザが考えた理想論か何か?(すっとぼけ)

 

以下雑感。

 

禁止

《EMモンキーボード》(前回無制限

妥当すぎて笑いすら込み上げてきます。ホントこんなカードもう一生作らないでください。

 

ちなみに登場から禁止までの記録は《Emヒグルミ》と同じくらいだとかなんとか。それとこのカードはBOSH産ですので、連続禁止記録はCROSの《星守の騎士 プトレマイオス》、COREの《Emダメージ・ジャグラー》、DOCSの《Emヒグルミ》に続いており、2015年の遊戯王の通常パックは全て禁止カードを生み出している事になります。ホント何を考えてるんだか。

 

《ラヴァルバル・チェイン》(前回無制限

クラブレからずっと禁止説が唱えられ、挙句の果てには《グローアップ・バルブ》を落として《ナチュル・ビースト》を出して蓋をする使われ方をしていました。まぁ禁止でも仕方ないといえば仕方ないのでしょう。最近は墓地除外のトリガー効果も多いですし、これに依存する人も残念に思う人も多いでしょうが、なんとか代替案を探して行きたいですね。

 

《ライフチェンジャー》(前回無制限

マジエク帝なるソリティア?デッキで使われていたとのこと。帝王のドローターボでデッキを回しながらライフ差を付けまくってこれでライフを均等にして《マジカル・エクスプロージョン》で何もさせずに終わり、と。如何にもコナミが嫌いそうな動きではありますので潰されそうだなーとは思ってました。

 

ただ潰すのは決め札の《マジカル・エクスプロージョン》の方かと思ってたので意外と言えば意外です(マジエクが死のうが何やらマジエク帝側も《残骸爆破》なる抜け道があったとのことですが)。ツイッターデュエリストフェスティバルでユーザの声を聴きやすくなったおかげできちんと潰しどころが分かるようになってきたんですかね(適当)

 


制限

《クリッター》(前回禁止)

1ターンに1度のみの制限・手札に加えたカードはそのターンの間発動不可になる」のエラッタが行われて緩和されました。このぐらいならちょうどいい具合なのではないでしょうか?

 

とは言っても昨今のテーマはだいたいサーチカードにも恵まれているので、このカードのような召喚権を要する受け身の万能サーチャーが必要とされなくなってきているのもまた事実。《魔界発現世行きデスガイド》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》にも《融合徴兵》《融合準備》にも対応しているので、上手く使っていきたいですね。個人的にはペンデュラム召喚を行うデッキに混ぜ込んで何かやれないかなーみたいなのを思ってたり。

 

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》(前回禁止)

エラッタ無しで緩和というのも少々意外でしたが、今のインフレ環境なら割と妥当には思えます。《簡易融合》から除去を行い、各種蘇生カードでまた戻してロックを掛ける事も可能ですが、どうせ各種汎用シンクロ汎用エクシーズで除去されてしまうので大丈夫でしょう。

 

正規融合する場合でも、《融合徴兵》《融合準備》に加えて《サクリファイス》は《儀式の下準備》に対応していますし、《千眼の邪教神》も様々なバニラサポートを活かせますしやりやすいかと思います。その手の《サクリファイス》デッキ楽しそうですよね。サウサク再録しませんかねぇ。

 

《魔界発現世行きデスガイド》(前回無制限

恐らくは彼岸や《魔サイの戦士》が原因なのでしょうが、《クリッター》の緩和も少なからず影響していると思います。

 

汎用ランク3エクシーズなら《SRベイゴマックス》でいいですし、どうしてもガイドを使いたければ一緒に《クリッター》でも入れておきましょうかね。【ファーニマル】を使っているので少々痛手ではありましたがクリッターでなんとかなりそう……?

 

《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》(前回無制限

彼岸枠。《彼岸の悪鬼 ガトルホッグ》の方を規制するのかと思いましたが、こちらも《クリッター》が絡んでいるのでしょうか。ならクリッター緩和しなくてよくねってのは禁句ですかね

 

ちなみにガイド・スカラ・クリッターの制限悪魔三人衆、それぞれが相互サーチに対応しているという素敵仕様です。ガイドスタートならスカラ経由でクリッターサーチ、スカラスタートなら受け身になってガイドかクリッターの好きな方、クリッタースタートなら同じく受け身で好きな物サーチ、とちょっといい感じに見えます。スカラの値段が落ちたら何かしらに組み込んでみたいです。

 

《彼岸の旅人 ダンテ》(前回無制限

彼岸枠。こいつを殺してしまえば彼岸も虫の息でしょう。

 

……って思ったら幻影騎士団と混ぜればまだまだやっていけるっぽいですね?流石の生命力。

 

《EMドクロバット・ジョーカー》前回無制限

個人的には《EMモンキーボード》より嫌いだったので規制は嬉しいです。どう考えても強すぎました。

 

《EMペンデュラム・マジシャン》(前回無制限

ゴールドパックに入ったんで規制されないんじゃないか、とも思いましたがされちゃいましたね。時代と共に強くなりすぎてしまいました。

 

ただ結構EMもボロボロに見えるんですけどこれから何するんでしょうね。猿ドクロペンマジリザードロー等しか見てないせいでこれから先どうやって戦うのかちょっとだけ気になります。スターターデッキの連中で新生EMとして輝けるか。

 

《竜剣士ラスターP》(前回無制限

スケールを入れ替えたり頭数を増やしたりでコンセプト自体はいい物だったんですけどねぇ。エクストラ竜剣士も竜剣士サポートもP召喚のプッシュも尋常ではなかったので仕方ないのでしょう。

 

《竜呼相打つ》(前回無制限

こんな頭の悪いカードもう作らないでください。マジで。

 

《爆竜剣士イグニスターP》(前回無制限

COREの頃は結構喜んで使ってましたけど、正直この除去能力とパワーが複数枚来られるとたまったものではないので制限でも仕方ないでしょう。竜呼でラスターがすぐ呼んでこれるのもよくなかったんですよね。竜呼無かったらこれもラスターもノータッチだったんじゃないですかね(適当)

 

《揺れる眼差し》(前回無制限

以前は「④の同名サーチが使えなくなるから制限は無いっしょw」とか思ってましたけど容赦なく制限入りさせましたね。ちょっとこれは意外でした。これもペンデュラム召喚のインフレの要因なのでいざ規制されるとなると妥当に見えます。

 

《真帝王領域》(前回無制限

正直ここに掛けるのは予想外でした。容易すぎるエクストラ封じはまずいとか思ったんでしょうか。

 

《汎神の帝王》(前回無制限

まぁ妥当でしょう。そもそも3箱買いが前提になっているようなストラクの中身にしておいて、惜しげも無くストラク産カードを規制するのは馬鹿にしか見えません。

 

《モンスターゲート》(前回無制限

《名推理》(前回無制限

ノイドの影響でしょう。でも確かこれノイドの登場に合わせて緩和させましたよね?《左腕の代償》の登場でノイドが強くなりすぎちゃったのはわかりますけど、なんかちょっと腑に落ちません。《殻醒する煉獄》という専用墓地肥やしもあるにはありますけどうーん……って感じ。

 

《マスク・チェンジ・セカンド》(前回無制限

彼岸が《M・HERO ダーク・ロウ》をぽいぽい出していたのが問題だと思ったのでしょうか。個人的には大嫌いなダークロウを見かける機会が減りそうで嬉しい限りです。

 

ダークロウそのものに規制をかけてもよかった気はしますが、アークファイブにエドが再登場するらしいんでD-HEROに《マスク・チェンジ》を使わせてダークロウ出させたいんじゃないんですかね(適当)

 

《緊急テレポート》(前回無制限

ここ本当にびっくりしました。特に環境で悪さをしてたイメージは無かったんですけど、《超量士ブルーレイヤー》の超量及びその派生の超量帝を抑える意味合いがあるのでしょうか。Kozmo意識にしてもいくらなんでも早すぎますしねぇ……。

 

緊テレは被害を受けるデッキの数も尋常ではないでしょう。超量は勿論、霊獣やKozmo、《寡黙なるサイコプリースト》を使ったサイキック族デッキ、《ガスタの神裔 ピリカ》を擁するガスタ、あるいは単に《幽鬼うさぎ》等のチューナーをリクルートするシンクロデッキなんかも被害を受けている事と思います。私も獄落音響占術姫が被害を受けてしまいました。なにか良い代替案は無いものか探していかないといけませんね……。

 

《ペンデュラム・コール》(前回無制限

今回の改訂で一番驚いたのはここです。魔術師なんか環境で全く悪さをしてなかったのに、まさかの規制で驚きました。

 

モンキーボードの規制もそうですが、これとコストさえ揃っていれば一発でペンデュラム召喚を行える縛りなしスケールが揃うのは良くないと判断してのことだと妄想しています。実際のところはどうなんでしょうね。

どちらにせよ、これで汎用的なペンデュラム召喚は1年前程度のカードパワーに戻ったような感じはしてしまいますね。ペンデュラム初期の頃からクライスペンデュラムを愛用してた身としては、このようにラクに揃ってしまうスケールはあまりいい印象はなかったので、規制は嬉しかったりします。ぶっ飛んだペンデュラムカードはもうたくさんです。

 

ですが【魔術師】デッキの視点からよくよく考えると、《慧眼の魔術師》《EMドクロバット・ジョーカー》《ペンデュラム・コール》といったサーチカード全てが制限カードとなり、まともに動かなくなってそうな印象があります。折角主人公ごっこができて、ストラクチャーデッキにもなり、慧眼がゴールドパックで再録され、全体的に非常に安価になって組みやすい人気テーマの兆しがありそうなのですから、慧眼ぐらいは戻しても良さそうな気はします。7月には戻ってくるのを祈るしかないでしょう。

 


準制限

《超再生能力》(前回制限)

なんかアモルファージで使われてたような事聞いたような聞いてないような。

 


制限解除

《グローアップ・バルブ》(前回制限)

まぁ効果の都合上制限カードであっても無制限であっても変わらないでしょう。

 

《D-HERO ディアボリックガイ》(前回準制限)

個人的にかなりアツいカード。シンクロ素材としては勿論、《ラヴァルバル・チェイン》の代用品として《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を出すためのカードとしても良さそうです。

 

先程も言いましたが、エドの再登場でD-HEROもまた再登場するとしたらこのカードの需要も伸びそうな感じがします。エドが活躍する頃には融合ブースターSPの情報も出て再録されるかもしれませんけどね。

 

《水精鱗-ディニクアビス》(前回準制限)

こちらもかなーりアツいです。久しぶりにオーケアビスの解体ショーやりたいですねぇ。

 

《クリバンデット》(前回準制限)

このカード自体相当イカレたカードだとは思うんですけどね。無制限でも準制限でもそう使い心地は変わらなさそう。

 

《精神操作》(前回準制限)

このご時世で1体だけコントロール奪取したところで…な感じはします。個人的には《洗脳-ブレインコントロール》あたりが戻ってくるのかなーみたいに予想してましたけど流石にありませんでしたね。

 

《月の書》(前回準制限)

とうとう月書が無制限ですか。時代の流れとは恐ろしいものです。個人的には色々試してみたいカードです。

 

《竜の霊廟》(前回準制限)

まぁ……いいんじゃないんですか。今度は巨神竜ストラクとか青眼推しだったりするのでしょうか。

 

《闇の誘惑》(前回準制限)

最近の闇属性テーマデッキはこれを3積みするほどの余裕は無いんじゃないんですかね。なんとなく思ったのはBFもうほぼフルパワーなんじゃねみたいな事。ディアボ緩和で懐かしの【墓地BF】なんかもフルパワーに見えますけどアレは確か《王宮の弾圧》もあったんでしたね。

 

《封印の黄金櫃》(前回準制限)

これで征竜被害者の会はだいたい許されたんですかね?こうなると征竜はもう戻ってこれなさそうな……。

 

《死のデッキ破壊ウイルス》(前回準制限)

前者の効果は強いですが後者の効果が微妙……なのかと思いきや実はEM竜剣士対策で使われてたらしいですね。世の中何が起きるか分かりませんわ。

 

前者の効果は相変わらず強いですし、新テーマによっては3枚使う場合もあるのかもしれません。ただ次環境のトップとも噂されている青眼もDDも死デッキはそんなに効かなさそうなのでどう転ぶか。あと《デス・ウイルス・ドラゴン》が出しやすくなりましたねおめでとう(前も同じ事言った)。

 


総括

正直に言いますと、今回の改訂はここ最近の遊戯王の中でも凄くいいもののように感じます。というかあまりに内容がユーザが掲げる理想論と似すぎていて嘘だと疑ってしまうレベルでした。ツイッターの例の事件も冗談半分で見てましたけどまさかマジもんだなんて思いませんでしたよ……。

 

何より、最初に上げたように前回無制限にも関わらず環境で暴れ回っていたテーマほぼ全てに容赦なく規制を掛けていた点環境外カードでも危険と思われるカードにも規制を掛けていた点が今までと随分違うなーという感じがしました。大会環境も大きく様変わりする気がしますが、カジュアル環境デッキも《ラヴァルバル・チェイン》《EMモンキーボード》《魔界発現世行きデスガイド》《緊急テレポート》等で被害を受けて構築を大きく変える必要がある場合も多いと思います。なんとか代替案を探しながら、上手いことデッキを組んでいきたいところですね。

 

振り返れば2015年は通常パック全てで禁止カードを出すどころか、EMをはじめとした様々なカードにフラストレーションを溜めていたデュエリストが多かったように感じます(私自身も確かにその一人でした)。ですが今回の改訂はそれらの第9期後半遊戯王の闇を取り除くかのような大幅改訂で、個人的にはとても嬉しく思いました。しかし同時に今までのような便利なカードにばかり頼る動きがしにくくなったのもまた事実。また遊戯王を楽しめたらいいなーと思いつつ、ひっそりのんびりとやっていこうと思います。

 

「速攻で規制するカードは初めから作るな」というのもごもっともな意見だと思いますが、今回のように多くのカードに規制を入れるというのは全体の流れからしてみれば確かにいい方向へと向かっていると思います。この調子で新パックを迎えてもいい方向のまま進むといいんですけどね。まぁどーーーーーーーーせ新テーマや新カードがクソみたいになって結局叩かれることになるんでしょうけど。