読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘却の部屋 レミューリア

現代遊戯王で役に立たない事ばかりを書き並べたブログです。

【考察】60枚デッキについての個人的見解

遊戯王OCG考察

最近流行りの60枚デッキ(もしくは60枚に近いほどデッキ枚数を膨らませたデッキ)についての私個人の意見を適当に書いた記事です。最近60枚デッキがあちこちで神格化?されているのをよく見てモヤッとする部分がありましたので、書いてみることにしました。 

見ての通り「否定派」の立場としての意見です。

f:id:lemuria248:20160424215438j:plain

 

遊戯王のメインデッキは40~60枚の間の好きな枚数で組む事ができます。当然デッキ枚数が少ない方がキーカードを引きやすくなるため、一般的には「デッキ枚数は40枚に近いのが望ましい」とされています。

 

しかし世の中には色々なギミックを限界まで詰め込む事で最大枚数の60枚でデッキを組む人もいます。この場合は1つのデッキとは思えないほど様々な展開を見せることが多いため、「60枚デッキはスゴく楽しいものなんだ!」と感じる人も多いと思います。特に最近のADS動画なんかでは《彼岸の旅人 ダンテ》+《ファーニマル・ウィング》なんかでぐるんぐるん動く60枚デッキを見かける事が多いのでそう感じる事も多いのではないでしょうか。

 

40枚デッキは基本形で利点や欠点を書く必要はないと思いますので、そこでデッキ枚数を増やす事の利点と欠点を整理してみたいと思います。

 

利点

・様々なギミックを詰め込むと何度回しても飽きない

・手札で腐るカードを引いてしまう確率を減らす

 

欠点

・狙った戦術を取りにくくなる

・事故率が跳ね上がる

 

こんなところでしょうか。

 


利点

・様々なギミックを詰め込むと何度回しても飽きない

デッキを組む際にはこれは大事だと思います。自分がつまらないと思ったデッキを作っても仕方ないですしね。

60枚に様々なギミックを詰め込む事で手札もバラける事が多いので毎回違った戦術を取ることもできます。また、相手に「こんないっぱいのカードから何が出て来るんだろう?」みたいなワクワク感を与えることもできるかもしれません。

 

・手札で腐るカードを引いてしまう確率を減らす

例えば【海皇水精鱗】で《ジェネクス・ウンディーネ》を確実に使うために《ジェネクス・コントローラー》を引きたくなかったり、《レスキューラビット》を確実に使うためにバニラモンスターを引きたくなかったりする場合もあるかと思います。この場合はデッキ枚数を増やせば効果を通しやすくする事にも繋がります。

特に海皇水精鱗の場合なんかはデッキ枚数を40枚から増やすパターンは多く見られましたし、海外では60枚デッキで入賞した例もありました。最近もサーチカードやドローブースト等のデッキ圧縮がどんどん進化しているので少しだけデッキ枚数を増やす事も多いですよね。

 

欠点

・狙った戦術を取りにくくなる

ある特定のカードが勝ち筋に繋がるのならば、デッキ枚数を増やすとそのカードを引きにくくなるのは当然の事です。

例えば【ラヴァル】等のデッキで1枚がそのまま勝ち筋になる《真炎の爆発》や、ペンデュラム召喚により一気に展開できる《EMモンキーボード》《EMドクロバット・ジョーカー》、あるいはデッキによっては主戦術になりうる《音響戦士ギータス》《レスキューラビット》なんかについては、実際に引けるのと引けないのとでは勝率に大きな差が生まれます。上にあった利点でのレスキューラビットの例も、バニラを引けなくてもラビットそのものを引けなければ何の意味もありません。

最近ではテーマ毎にしっかりした勝ち筋がある事も多いので、戦術を少なく絞った方が勝率が上がる事が殆どだと思います。

 

 

・事故率が跳ね上がる

例えば60枚のデッキにA・B・C・D・E・Fの6つの要素が含まれていたとします。そのうちで仮にAの要素がB~Fの全ての要素とシナジーしていたりBとC、EとFの要素がシナジーしていたとしても、BやCの要素がD~Fの要素と噛みあうとは限りません。要素を詰め込みすぎても必ずどこかでシナジーしていない部分が出てくる、という事です。

f:id:lemuria248:20160424215624p:plain

仮にここでシナジーしていないBとDの要素だけを初手で引いてしまった場合は何もできません。現代遊戯王で初手で何も出来なければそのまますぐに無残な死を遂げるだけなので、お互いに微妙な空気になってしまうでしょう。なので、余計なものを省いてシナジーしている要素だけ絞ったほうが明らかに安定します。この図の場合だと、

f:id:lemuria248:20160424215642p:plain

このように多角形が成立する「A・B・C」「A・E・F」の要素が組み合わさった2つのデッキに分けたほうが良いのではないかな、と思います。どうしてもDの要素が使いたければこのDの要素と相性のいい別の要素を探すべきです。より多くの要素がシナジーしているのならまだいいんですけど、それでも40枚デッキほどの安定感を得られる事は確実に無いと思っています。

 


利点1の「様々なギミックを詰め込むと何度回しても飽きない」は勿論大事なことだと思いますが、ここで書いたようにやりたい要素を複数個のデッキに分けてその複数回デュエルすれば飽きることは無いと思っています。1試合中に60枚に詰め込んだ全ての要素を行う事なんてほぼ確実にできませんしね。挙句そんなデッキで「このデッキ勝てない><」とか「このデッキ安定しない><」とか言われましても、「じゃあ邪魔なギミック抜いてデッキ枚数減らせよ」としか答えられません。

 

いくらADS動画では安定して回っているように見えたとしても、あれは見栄えを考慮してぐるんぐるん回っている試合だけを録画しているだけに過ぎません(作ったことある私が言うのもアレですが)。実際事故だらけのデッキでも回っているところや勝つところだけを見せれば無敵に見えるのは当然です。決して動画だけを見て強さや安定感を鵜呑みにしないようにしましょうね。「このデッキ楽しそうだな~」とか「良いデュエルだな~」ぐらいに留めておくのが正解です。

 

一応私は「やりたい事(楽しそうな事)を決めて、それでもなるべく安定するように」デッキは作っているつもりではいますが、そんな40枚デッキでも事故る時は本当に多いです(特にこの前の獄落音響占術姫はギミックを詰め込みまくったせいでかなり事故ります)。私が組むのはカジュアル環境デッキばかりなので尚更事故には悩まされます。

それなのに60枚のカジュアル環境デッキの方が事故率が低いとは到底考えられません。それで要素を詰め込みまくった60枚デッキを見ても「こんなん回るわけねぇだろ紙束かよ……」とばかり考えてしまいます。安定感そっちのけで面白さを重視して60枚デッキを好む人とはそのあたりの考え方が違うんでしょうね。

 

まとめますと、私自身はデッキの安定感をある程度気にするタイプなのでどうしても60枚デッキは好きになれない、というのが率直な感想です。私もかつては彼岸ベアポットウィングを混ぜた60枚デッキを作った事がありましたけど、やりたいことを安定してできないという理由で崩してしまいました。

 

ただ60枚デッキを相手にした時はやっぱり何が出て来るか期待してしまいますし、対戦相手が60枚デッキだからといって枚数を批判する事は絶対によくないと思います。まぁそれで事故って試合にならないようなものなら何も言わずとも内心では呆れますけど。