忘却の部屋 レミューリア

なにもないです

【考察】光の霊堂

f:id:lemuria248:20160424222931p:plain

なんやこの露骨なメタ効果…… 

f:id:lemuria248:20160424222950p:plain

こ…これは!?

《光の霊堂》

フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、

自分は通常召喚に加えて1度だけ、

自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。

(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。

対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、

墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。

(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。

デッキから「滅びの爆裂疾風弾」1枚を手札に加える。

 

・光属性レベル1チューナーの召喚権追加

・通常モンスター用《おろかな埋葬》(とおまけのパンプアップ)

・《滅びの爆裂疾風弾》サーチ

 

という凄まじい可能性を秘めたカードです。本来は光属性レベル1チューナーで対象に取ることで様々な効果を使える「青き眼」シリーズ、つまりは《青眼の白龍》シリーズのサポートとしてデザインされたカードではありますが、様々なデッキで扱う事ができるでしょう。 


光属性レベル1チューナーの召喚権追加も強力ですが、通常モンスターの墓地肥やしのためだけに採用しても良さそうです。

《ダイガスタ・エメラル》《ドラゴラド》《思い出のブランコ》《トライワイトゾーン》といった、墓地の通常モンスターでなんやかんやするデッキにも使えますので、簡単に言えば《高等儀式術》や《苦渋の決断》等で墓地に落とした通常モンスターで遊ぶコンボを搭載したデッキにならばこのカードの採用も考えられると思います。

それらとは違って☆5以上も落とせたり儀式モンスターを使わずに済んだり《テラ・フォーミング》によるサーチが可能な点で差別化していきましょう。

 

光属性レベル1チューナーの召喚権追加も様々なデッキで使えるでしょう。特殊召喚ではなく召喚権を増やすタイプの効果なので、《ワンチャン!?》によるサーチも気軽に行えると思います。《エフェクト・ヴェーラー》という汎用性の高いカードがあり、腐ったらS素材にする事もできます。 

またこれに関して、同パックに《青き眼の賢士》という光属性レベル1チューナーのサーチカードも収録されていますのでこちらの出張も考えに入れておくのもアリだと思います。

 

《滅びの爆裂疾風弾》サーチは青眼のファンデッキなら扱いやすいと思いますが、それ以外ではだいたい手札コストにしかなりません。事故率も考えると、出張の場合は入れないほうが良いでしょう。


f:id:lemuria248:20160424223335p:plain 

【青眼】で使えば強いのは当然ですが、それ以外で使うのなら、例えばこんなデッキで使ってみるのはどうでしょうか。

 

「エーリアン」

ツイッター等でかなり話題になっていた組み合わせ。デッキから《エーリアン・ソルジャー》を落としやすく、《エーリアンモナイト》の召喚権追加により《宇宙砦ゴルガー》のS召喚が容易に行えるようになります。

例えば召喚権を使って《キングレムリン》を立てた後に霊堂を使って、ソルジャーを落としつつサーチしたモナイトの召喚権を増やせば即座にゴルガーです。キングレを作るのは☆4+《カゲトカゲ》、《聖刻龍-ドラゴンヌート》(霊堂で対象に取れる)、《EMドクロバット・ジョーカー》+《ジゴバイト》あたりが扱いやすいでしょうか。

 

「リゾネーター」

《チェーン・リゾネーター》《ミラー・リゾネーター》等が対応。チェーンは召喚時に他にSモンスター他のリゾネーターを持ってこれるので、連続S召喚も狙っていけます。

賢士霊堂+αからスタートするのなら、更に《簡易融合》《バイス・ドラゴン》等と組み合わせて☆6シンクロを経由しつつ、《レッド・リゾネーター》でレッドデーモンズをS召喚、チェーンで《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》あたりに繋げるのが綺麗でしょうか。手札指定3枚の割にやる事が地味ですが。

 

「バスター・ブレイダー」

《破壊剣士の伴竜》の召喚権追加と賢士によるサーチにより地味に強化されました。バスブレが落ちてさえいれば、賢士霊堂の2枚で何かしらの破壊剣を装備した《バスター・ブレイダー》+《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》の盤面が作れます。バスブレさえ落ちていれば。

 

「聖騎士」

《湖の乙女ヴィヴィアン》の召喚権を増やせて、《聖騎士アルトリウス》を墓地に落とせます。これだけ見ると噛み合いは良さそうですが果たして(あんまり知らない)。

 

「セイヴァー」

展開手段に乏しかった《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》の展開にも使えます。他の素材確保はまぁ頑張りましょう(適当) 

デッキにすぐ戻ってしまうセイヴァーシンクロも、最近では《刻剣の魔術師》で場持ちが良くなったのでそこら辺を絡めれば現代版セイヴァーデッキも組めるのではないでしょうか。

 

「A・マインド」

《レベル・スティーラー》や《思い出のブランコ》等と組み合わせて《A・マインド》をしつこく蘇生して連続シンクロを狙う【A・マインド】の初動を支えるのにも使えそうです。チューナー召喚権追加もスティーラーと一緒に《フォーミュラ・シンクロン》になったりするんで無駄にならないでしょう。

 

「ブラック・マジシャン」

チューナーはありませんが、デッキから即座に《ブラック・マジシャン》を落として《永遠の魂》で蘇生可能、となかなか強力なサポートに見えます。この時打点が700アップするのも地味ながらも強力です。

魂さえ張ってあればブラマジが何度も蘇るので、チューナーに関しては賢士+《エフェクト・ヴェーラー》のセットだけを入れれば防御札を残しつつ☆8シンクロなんかも狙えるかもしれません。もしかしたら【ブラマジ】と【青眼】の共演も狙えるかも?

 

「デーモン」

《デーモンの召喚》を墓地に落として、賢士を出してヴェーラーをサーチして防御札を残しつつ、賢士リリース《デーモンの将星》でデーモンの召喚を釣り上げてランク6エクシーズみたいな。

  

「レッドアイズ」

墓地に落とせば《伝説の黒石》《真紅眼の鎧旋》あたりが使いやすくなります。墓地肥やしなら既にプリズマーとか《竜の霊廟》もありますが。

 

「魔装」

《魔装戦士 ヴァンドラ》による墓地回収が可能ですし、チューナー展開もヴァンドラが元々S召喚との相性が良いので使いやすいでしょう。《召魔装着》とフィールド魔法サポートを共有しやすかったりもします。

 

「ランク1エクシーズ」

賢士スタートで召喚権を追加すればランク1エクシーズも立てられます。サポート対応している中でも、特に《ミラー・リゾネーター》は再利用しやすいエクシーズ素材に向いているのでなかなか強力だと思います。

また、元々ランク1エクシーズデッキには《金華猫》を入れやすく、金華猫は《青き眼の乙女》との相性も良好です。ここら辺の金華猫軸で青眼デッキを組むのも面白いかもしれませんね。

 

……とまぁ適当に思いついただけでも結構色々使えそうです。このぐらいの強さで可能性を秘めたカードなら大歓迎です。