読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘却の部屋 レミューリア

現代遊戯王で役に立たない事ばかりを書き並べたブログです。

【デッキ】獄落音響占術姫

《聖占術姫タロットレイ》と《ぴよコッコ》・《獄落鳥》を組み合わせたデッキ。《ぴよコッコ》がリバースモンスターなので、これをタロットレイでめくったり使い回したりして戦いたいデッキです。

 

この他にもタロットレイの基本戦術である《禁忌の壺》等のリバース使い回し、獄落鳥の基本戦術である高レベルシンクロモンスターや《イージーチューニング》、そして前回のデッキでも使った《緊急テレポート》+《邪竜星-ガイザー》も活かして柔軟に戦って行きます。前回のデッキの発展形のような感じです。

 

f:id:lemuria248:20160511004055p:plain

 

 

■モンスター(32枚)

1《レベル・スティーラー》

1《マスマティシャン》

3《マンジュ・ゴッド》

3《ぴよコッコ》

3《占術姫コインノーマ》

3《音響戦士サイザス》

1《禁忌の壺》

1《グローアップ・バルブ》

1《音響戦士ベーシス》

1《リ・バイブル》

1《音響戦士ピアーノ》

3《幽鬼うさぎ》

3《獄落鳥》

3《聖占術姫タロットレイ》

3《音響戦士ギータス》

1《音響戦士マイクス》

 

■魔法(12枚)

1《おろかな埋葬》

1《死者蘇生》

1《ハーピィの羽根帚》

1《ブラック・ホール》

1《ワン・フォー・ワン》

1《イージーチューニング》

3《緊急テレポート》

3《聖占術の儀式》

 

エクストラデッキ(15枚)

2《虹光の宣告者》

2《邪竜星-ガイザー》

1《ブラック・ローズ・ドラゴン》

1《PSYフレームロード・Ω》

1《魔王龍 ベエルゼ》

1《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》

1《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》

1《浮鵺城》

1《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》

1《フォーミュラ・シンクロン》

1《鳥銃士カステル》

1《神竜騎士フェルグラント》

1《幻子力空母エンタープラズニル》

 

※もし触ってみたい場合は、カード検索様のサイトのマイデッキ登録から上のカード名全てをコピペしてテキスト一括登録をして、今度はADSテキスト形式のところからADSデッキファイルを作ってみてください。

 


解説

基本的には《聖占術姫タロットレイ》の儀式召喚を狙っていく事が目標となります。通常の儀式デッキよりも重く、合計でレベル9以上のリリースが要求されるためかなり大変です。

 

 

まずタロットレイと儀式魔法のサーチにはお馴染みの《マンジュ・ゴッド》と《虹光の宣告者》を用います。

 

虹光を出すルートとしては主に(バルブ・緊テレバイブル・ギータスベーシスでの)☆1チューナー+(マスマティコインノーマ等の)☆3、(緊テレうさぎ・ギータスピアーノでの)☆3チューナー+(コッコスティーラー等の)☆1を使います。どちらのパターンでも《音響戦士ギータス》《緊急テレポート》からチューナーを供給できるのが特徴です。

 

 

次に儀式召喚のためのリリース確保ですが、これには主に《占術姫コインノーマ》や《ぴよコッコ》等を用います。《ぴよコッコ》の場合は仮に生き残ればそのまま《獄落鳥》を呼んで合計レベルが9になります。手札や場に《獄落鳥》が残ってもある程度儀式リリースを賄う事ができます。

 

コインノーマの場合はすぐに引っ張ってこれてそのまま1体でリリースを賄える《禁忌の壺》がやはり強力です。コインノーマは禁忌以外にも《音響戦士サイザス》を持ってこれる点も重要です。

 

 

《聖占術姫タロットレイ》が場に出た後は自身の効果でリバースモンスターを弄りまくります。コインノーマやぴよコッコを呼び出して更なる展開を狙ったり、サイザスで手札増強を狙ったり、《禁忌の壺》で各種禁止級の効果を豪快に使ったりとその後の遊び方は様々です。状況に合わせて選んでいきましょう。

 

 

タロットレイが出てくるまでの繋ぎとしては《邪竜星-ガイザー》や、ぴよコッコからの《獄落鳥》で戦います。どちらも高めの打点を持っており、ガイザーはやられても獄落鳥を引っ張ってこれたりと十分です(ライトニングは知らない)。ガイザー自壊で相手の場を消しつつ獄落鳥を呼んだりもできます。

 

以下にまとめておきます。

 

f:id:lemuria248:20160511004158p:plain

 

 


各種カード解説

・《聖占術姫タロットレイ》

このデッキの軸。このデッキでのサーチ手段は《マンジュ・ゴッド》・ 《聖占術の儀式》・《虹光の宣告者》となっています。特に《聖占術の儀式》の占術姫サーチ効果はかなり便利なので、儀式召喚できない場合はブラフとしてセットしておけば相手に割られても美味しかったりします。

複数体居ても表示形式変更は1ターンに1度しか使えませんが蘇生効果は複数体居たらその分使えるので、《浮鵺城》で展開する時は覚えておいて損は無いです。もっともモンスターゾーンの数の関係上3体並べる意味はありませんが。

 

・《レベル・スティーラー》

《マスマティシャン》で落としておきたいカード。《獄落鳥》と合わせて《魔王龍 ベエルゼ》に、獄落鳥とは別にタロットレイ等がいれば《浮鵺城》にも繋がります。レベル調整も可能で、ランク8エクシーズも狙えます。

 

・《幽鬼うさぎ》

罠の薄いこのデッキの貴重な防御札です。もっとも最近はヴェーラーよりも信頼性が低い点はありますが。前回の獄落鳥デッキと同様、腐った時に《獄落鳥》のコストにもなりますし《緊急テレポート》でも呼び出せる☆3チューナーですしかなり重要なカードです。 

《レベル・スティーラー》や余った《ぴよコッコ》と共に万能儀式サーチャー《虹光の宣告者》に、場で余りがちな《マンジュ・ゴッド》を《邪竜星-ガイザー》にも繋げられます。

 

・《グローアップ・バルブ》

デッキから落とす手段が少々面倒ですが、《マスマティシャン》1枚から《虹光の宣告者》に繋がるようになります。とは言ってもマスマティはスティーラーも落としたいので、どちらを優先するかは状況を見て判断しましょう。 

手札に来てしまってもギータスや獄落鳥、儀式等切る手段が豊富なのは喜べる点です。

 

・《音響戦士マイクス》

専らギータスから出てくる非チューナーとしての運用ですが、召喚権追加もありがたいですし、高レベルSモンスターに繋げやすくなるのが強力です。手札にあってもこのデッキでP召喚する意味は全然無いので、手札に引かないことを祈りましょう。

 

・《邪竜星-ガイザー》

対象に取られない2600打点に加えてやられたら《獄落鳥》が飛んで来るのでそのまま戦っても強……かったのは昔の話で、今の時代初手をたくさん費やして立ててしまうと《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》に一方的にぶち殺されて痛い目を見ます。最初のターンから無理矢理立てるのは避けましょう。

 

・《PSYフレームロード・Ω》

獄落スティーラー等で。除外されたサイザスを戻したりその他にもメリット効果いっぱいで物凄く強いです。ベエルゼ等とどれを選ぶかは状況を見て。

 

・《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》

サイザスベーシスなりバルブなりでレモンの脇に☆1チューナーを並べれば作れます。攻撃が通れば更に《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》に、更にその脇にモンスターが立っていればアビスも戻って来たりと豪快な展開ができます。

 

・《浮鵺城》

《聖占術姫タロットレイ》《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》を蘇生できるビックリカード。ぴよコッコ軸で組む理由の一つです。勿論単なる蘇生カードとしても強いですが、《幻子力空母エンタープラズニル》等のランク9エクシーズに繋がるのも強いです。でもランク4(とその派生のエクシーズ)と比べちゃうとランク9は力不足ですよね……おかしい話ではありますが。 


改造案

《獄落鳥》と占術姫両方とシナジーする「シャドール」シリーズは採用の価値ありです。シャドール特有のアド回復力でチューナーである《シャドール・ファルコン》を積極的に獄落鳥のコストにもできますし、リバースギミックは当然占術姫との相性は抜群です。あんまり入れすぎると単なるタロットレイシャドールになりかねませんが。

 

コインノーマからサーチできて儀式パーツを揃えられる《占術姫アローシルフ》《占術姫クリスタル・ウンディーネ》の採用も悩ましいです。コインノーマ単体で儀式パーツを集められると考えれば強力ではあるのですが、マンジュ虹光と比べるとやはり速度が低下してしまいます。罠を積む余裕もないのでせいぜい入れてもアローシルフぐらいではないかと思います。

 

あとは優秀なチューナー兼防御札《エフェクト・ヴェーラー》、緩和された《月の書》、ちょっと変わったところなら獄落鳥と強いシナジーがある海外のKaijuを入れるのも面白いかもしれません。

 

あと動画で入れてませんでしたが、《ラヴァルバル・チェイン》は入れて損しないと思います。他にも☆5シンクロや《アルティマヤ・ツィオルキン》等入れたいものはまだまだあります。 


動画


総括

一風変わった(?)タロットレイデッキの紹介でした。《獄落鳥》はそこら辺のリクルーターから出て来るモンスターとしては破格のスペックを誇っており、これをタロットレイぴよコッコでくるくるしたとなると獄落鳥を大いに暴れさせる事ができるでしょう。

 

とは言うものの【タロットレイ】の括りとして強さの点だけを見るならどこをどうとっても【シャドール】型の方が強いですし、そもそもタロットレイでいじくるリバースモンスターもだいたいの場合は《禁忌の壺》1種類で済んでしまうのがちょっと悲しいところではあります。

一応禁忌の壺では自分のモンスターを増やす事はできないので、その点を《ぴよコッコ》で差別化するといった形になります。

 

タロットレイで面白い事をしようとする人とってはこの「すまん、それ《禁忌の壺》でよくね?」といった固定観念をどう取っ払うかが大事になってきますね(適当)